BMPCC4KをRonin-Sに載せる方法 その2

幅広のBMPCC4Kは、そのままではRonin-Sに載せることができません。載せる場合、1Cm程横にオフセットする必要があります。

当初は、急遽購入したsmallrigのプレートをかませて使っていたのですが、テスト撮影に出かけた際、そのプレートのネジが緩むハプニングが!!普通ならネジ締めるだけの話なのですが、適合する六角レンチを持っていなかった為、あるもので何とかできないかとRonin-sの付属品を眺めていて思いついたのがこの方法です。
その方法とは、Ronin-Sの付属品であるライザープレートをカメラプレートに取り付けるだけです。これでオフセットできることが判明しました。ただ、斜めに付けないと、カメラプレートの滑り止めの間にライザープレートが挟まりカメラが斜めになってしまいますので要注意です。

これで約1日撮影してきましたが、特に問題なく撮影できました。

カメラプレートに取り付けられたライザープレート


カメラプレート上の2本の滑り止めを跨ぐ様にライザープレートを取り付ける
---

岡崎市、豊田市、刈谷市、知立市、安城市、碧南市、高浜市、西尾市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、豊根村、東栄町の動画制作(ビデオ撮影)は、映像制作 三河国にお任せ下さい。PV、MV、Web CM制作の他、映画制作、自分史制作、ドキュメンタリー制作、記録撮影、ドローン空撮、ブライダル撮影、プロフィールムービー撮影、スチール撮影等もうけたまわっています。

映像制作 三河国     https://mikawanokuni.jp/

コメント

このブログの人気の投稿

BMPCC4K用新給電システム

BMPCC4KとCFastのカードの相性