BMPCC4Kを使ってみて

BMPCC4Kが届いて約1週間、当然のことながら諸元を読んだうえで、癖が強い機器として購入していますが、想定外のことも多くありました。そんなことをまとめてみました。

【良かった点】
  • 5インチLCDは視認性が良く、フォーカス確認は、思っていた以上に楽だった
  • 内蔵マイクが優秀。ファンの音や操作音を思った程拾わず、そこそこに使える
  • 軽い
  • 屋外の撮影においては、美しい表現が可能
  • 大変すぐれたユーザインターフェースで、マニュアルが無くとも殆どの操作が可能
  • シャッタ―速度の選択肢に、フレーム速度の倍数が表示される

【悪かった点】
  • ダブルネイティブISOの恩恵をほとんど感じない(ISO3600くらいだとそれなりにノイズが出ます)
  • 既存のCFast2カードが2枚壊れた
  • 推奨のCFast2カードやSSDでも、RAWのlossres 60pではドロップする
  • Ronin-sにそのままでは乗らない(Ronin-sの付属品を上手く活用することで、取り付け可能です)
  • 絞りがついているレンズでも、カメラ側からしか制御が効かなくなる
  • Ronin-sのフォーカスコントロールが使えない
  • Ronin-sのRECスイッチが使えない
  • 焦点距離がわからない
  • バリアングルLCDではないので、高角撮影の際は、ポジションに困る
  • バッテリー消費は予想以上に悪い

朝の渓谷 ISO400
花祭の榊鬼 ISO3600

まだまだありますし、これからも出てくるかと思いますが、今思いつくのはこんなところでしょうか。とりあえずBMPCC4Kを使いこなすには、外部モニター、大口径のレンズ(できればカム式フォーカスの物)、フォローフォーカス、大容量外部電源くらいは用意しないと厳しそうです。私の場合は、レンズですね~っ。

---

岡崎市、豊田市、刈谷市、知立市、安城市、碧南市、高浜市、西尾市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、豊根村、東栄町の動画制作(ビデオ撮影)は、映像制作 三河国にお任せ下さい。PV、MV、Web CM制作の他、映画制作、自分史制作、ドキュメンタリー制作、記録撮影、ドローン空撮、ブライダル撮影、プロフィールムービー撮影、スチール撮影等もうけたまわっています。

映像制作 三河国     https://mikawanokuni.jp/

コメント

このブログの人気の投稿

BMPCC4K用新給電システム

BMPCC4KをRonin-Sに載せる方法 その2

BMPCC4KとCFastのカードの相性