投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

お狐戦隊 イナレンジャー

イメージ
PV制作中に、カラーグレーディングのテストをしていて作ったのが下の動画です。あくまでもテストなので、細かいところの色修正ができていません。あと、カメラ(GH5)のバグで一瞬線の様なものが入りますが、そこは気にしないでください。

今回、グレーディングは、PV制作でも使っているBlackmagicdesignのDaVinchiResolve14とminipanelを用いています。実は、編集する内容に応じて、VegasPro 14,DaVinchiResolve14,Premiere pro 2017を切り替えているので、常にトレーニングやテストが必要なのです。

DaVinchiResolve14
編集システム 
miniPanel
そんな中、1体のイナリンの色を順番に変えて遊んで...いやテストしていたのですが、何となく並べてみたら戦隊っぽくて面白いのではないかと思い、ついついやってしまいました。

お狐戦隊 イナレンジャー

ライブ撮影

イメージ
9月30日に、シャンソンのライブ撮影をさせていただきました。編集してDVD化して納品するお仕事です。

ライブの難しいところは、ホワイトバランスと音声、そう思って臨んだのですが、大きな落とし穴が待っていました。それは、カメラの設置環境と人。事前に写真を見てカメラの設置場所を考えていたのですすが、実際は写真から想定していたよりスペースが無く、尚且つ演者もしくは主催者がチケットを販売する形式でなかった為に、会場は出演者の家族や友人等で大混雑。当初予定していた位置にカメラを設置できないだけでなく、メインカメラ用の三脚も足をしっかり開けない状況です。

人数は入れますがカメラを設置する場所は限られます
厨房の出入り口につき三脚の脚を開くことができません
それでも何とか4台のカメラを設置。当初の予定とは異なる配置なので、完成イメージが浮かび上がりませんが、何とか撮影を開始したところ...「あれ!三脚を動かしている人がいる!!」そう、脚が邪魔だからと、三脚を動かしている人がいたのです。その後、張り紙をしたものの、新しく来る方が全然見ていないので効果なし。しかも、その三脚には、ズームレンズでピアノの鍵盤を狙っているカメラを取り付けられていたのです。
固定カメラに取り付けられたGH5
最終的に、ある材料で何とかするしかありませんでした。多少のブレは我慢、大きく画角が変わったところは使わずに他のカメラの映像で補完。そんな感じで何とか作り上げたのが下の映像です。紹介する許可はもらいましたが、著作権の問題でYouTubeにアップできないので、一部だけを抜粋したバージョンをご覧ください。

三河国では、PV制作だけでなく、この様なライブ記録も行っていますので、お気軽にご用命ください。

http://mikawanokuni.jp