新給電システムの成果

新給電システムによるFHD 422 60p撮影可能時間は、2.7時間でした。


現在持っているメモリカードですと、最大115分しか録画できないので、途中で一度フォーマットし、残り撮影可能時間から撮影可能時間を計算しました。最初が107分、2回目が57分、合わせて164分撮影したところでバッテリーが切れましたので、メモリさえもてば軽く2時間は撮影できると言うことが分かりました。



コメント

このブログの人気の投稿

BMPCC4K用新給電システム

BMPCC4KをRonin-Sに載せる方法 その2

BMPCC4KとCFastのカードの相性